副業初心者におすすめ!Pythonを使った稼ぎ方とは?

プログラミングの副業が稼げるらしいけど、何を学んだらいいのかわからない。

これからプログラミングで副業を考えている方には「Python(パイソン)」を学習することをオススメします。

特にプログラミング知識も無く、よくわからないという初心者の方でも、基本的な知識を身につければ案件にチャレンジしやすいのが特徴です。

空き時間に働ける案件が豊富なのもポイントです。

この記事ではPythonでどのように稼ぐのか、仕事内容や稼ぎ方のコツを紹介していきます。

この記事のまとめ
  • Pythonとはプログラミング言語の一つで、自動化やデータサイエンス分野で用いられる
  • はじめはスクレイピングやデータ処理の仕事を請け負うのがオススメ
  • クラウドソーシングで、部分的な小さい仕事から始めよう
  • まずは本やWebサイト、プログラミングスクールに通って学ぶことが大事
目次

Pythonを使った仕事内容とは?

Pythonとはプログラミング言語の一つです。

Pythonを使った仕事と一口に言っても、実はさまざまな種類があります。自動化やデータサイエンス、業務用ツール開発まで多様にあり、その中から選んで仕事ができます。

マサヒロ

具体的にどんな仕事があるのか、詳しく見ていきましょう。

自動化

パソコンでの操作のExcelやWord、メール送受信、画像編集などは自動化させることが可能です。

Pythonを使えばこういった自動化を簡単に行うことができ、今盛んに利用されているSNSなどの操作も自動化できてしまいます

各企業からこのような自動化をしてほしいという案件もあり、副業やフリーランスとして稼ぐにはもってこいです。

データサイエンス

企業から特定のデータを分析してほしいという求人も多くでています。

Pythonを利用すれば、課題となるデータを細かく分析することが可能です。

流れとしては、課題に対してのデータを集めその後平均値や中央値などを設定しながら処理をします。グラフ描画ライブラリのMatplotlibSeabornなども使いながらデータを可視化し、それを活用して統計モデルなどを作っていきます。

こちらもフリーランス向けの案件が多いです。

業務用ツール開発

企業では業務をもっと効率化させたいと思っています。

できる限り予算を抑えるために、無料のツールを探す場合もありますが、なかなか見つからない時にはPythonを利用して開発してほしいと依頼を出すこともあります。

自動化でも説明したようにPythonを使えばExcelやWord、メールの送受信も簡単に自動化ができますので、上手に利用することで日常の業務が楽になるのです。

副業としても行いやすい業務なため、ぜひ探してみましょう。

スクレイピング

Webサイト等の情報が更新されるたびに、手作業でチェックするのは結構手間暇がかかるものです。

マサヒロ

毎回サイトを表示するのも面倒ですし、更新箇所を探すのも大変です。

スクレイピングとは「データを収集した上で利用しやすく加工すること」です。

Pythonを使い、利用したいWebサイトのページ情報を自動で収集できるようになると、情報収集を効率化できます。

こういった要望は企業から依頼される場合も多く、フリーランス向けの求人が豊富です。

Webアプリケーション開発

最近の業務アプリケーションは、Webアプリケーション形式のものが多くなっています。

このWebアプリケーション開発において、バックエンドの操作をスムーズに行えるように、Pythonが多く利用されます。

こちらもフリーランス向けの案件が多いです。

初心者は何から始めたらいい?

Pythonについて説明してきましたが、すべての仕事が初心者に向いているわけではありません。

勉強しながらも、副業ですぐに行うのが難しいかもしれないと感じるものも出てくるでしょう。

はじめはデータ処理やスクレイピングから始めるとスムーズです。比較的わかりやすい仕事内容で、これまでの知識を活かしながら作業ができるでしょう。

しかし一言にデータ処理やスクレイピングと言っても、難易度はさまざまあります

中には簡単だと思って求人を見たものの、専門知識やスキルが必要で初心者にはハードル高いものもあります。

マサヒロ

求人の内容はしっかりと目を通してから応募しましょう。

Pythonを使う求人の探し方

Pythonを使う仕事はどこに求人が載っているのかよくわからない、自分の希望に合うものが見つけらないと感じたことがある方も多いでしょう。

実際、普通の求人サイトを見てみると、週5日勤務など本業に近い形での募集が多いです。

副業としてPythonを使った仕事を探したい場合は、クラウドソーシングを利用しましょう

クラウドソーシングの中でもおすすめは?

いざ求人を探そうと思った時には、クラウドソーシングの中でも「クラウドワークス」か「ランサーズ」から見つけてみましょう。

ほかにもサイトはありますが、この2つが求人数が多く、より自分の理想に近い求人を見つけられます。

どちらも登録料は無料で、案件が多数ある中から自分に合いそうなものを選んでいくだけです。

しかし、応募しても依頼されなければ意味がないため、自己アピールは充実させましょう

マサヒロ

「この人になら依頼しても安心して任せられそうだ」と思ってもらえることが、クラウドソーシングでは重要です。

案件の探し方も簡単で、カテゴリ検索などでPythonと入力するだけでも当てはまる求人が多数ヒットします。

クラウドソーシングのメリット・デメリット

クラウドソーシングのメリットとデメリットは以下のようなものです。

クラウドソーシングのメリット
クラウドソーシングのデメリット
  • 副業が簡単に探せる
  • 登録すればすぐに仕事に応募できる
  • 案件数が多く、スキルに合わせた仕事を選びやすい
  • 信頼できるクライアントばかりではないため見極めが必要
  • 仲介料が引かれるため、手元に来るお金は提示されたものより少なくなる

Pythonの案件を選ぶコツ

副業として隙間時間に稼ぎたいと思っているのであれば、週5日などと決まっているものではなく納期が記載されている案件を選びましょう

土日を挟んだ後に納期がある場合、休みの日に集中して仕事ができます。

しかし、土日向け求人としてPythonを使った仕事が紹介されているわけではないため、曜日などで探すと見つけにくいかもしれません。

クライアントによっては個人の事情を考慮し、納期の相談ができる場合もあります

マサヒロ

無理なく仕事ができれば、副業としても進めやすくなりますので、上手に交渉をしてみましょう。

部分的で小さな依頼を選ぶ

大きな開発が必要となってしまうとスキルや経験がそれなりに求められますし、土日だけに集中して終わらせられるものではない可能性があります

それよりも部分的に依頼をしているPythonを使った仕事の求人を見つけ、応募してみましょう。

たとえば、画像解析のみや運用保守の一部分だけの依頼であれば、土日や自分の空き時間だけでも仕事ができます。

スキルは身につけておこう

副業初心者でもできる仕事ですが、知識がまったくのゼロではできません。それなりにPythonを知っておかないと、応募しても依頼はないのです。

ここからは役立つスキルについていくつか紹介していきます。

Pythonを利用した開発のスキル

プログラミングは、何も知識がないままではできない仕事ですので、まずは入門本や「Progate」「ドットインストール」といったオンラインプログラミング学習サービスを利用して勉強しましょう。

独学でもかまいませんが、知識やスキルをさらに培うためには、できればPythonを教えてくれる学校に通って経験も積みましょう

マサヒロ

初心者は経験を積むために、プログラミングのアルバイトをするのもオススメです。

スクレイピングの知識

Pythonを使った案件の中でも比較的難易度が低く、副業としてもチャレンジしやすいものの一つですので、スクレイピングの知識は身につけておくとよいでしょう。

実際に仕事をした時にも、技術への理解が深いほど、クライアントが求めている仕事ができるようになります

Pythonを利用したスクレイピングの入門本としては「Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!」が初心者でも読みやすくてオススメです。

まとめ

クラウドソーシングも含め求人を探してみると、Pythonを使った仕事は豊富に見つけることができます。そのため、スキルとある程度の経験や知識があれば副業として初心者でも稼ぐことができるでしょう。

しかし、まったく知識がゼロの状態からでは稼げない副業ですので、まずは本やWebサイトで勉強をして、足りなければプログラミングスクールに通い経験も積みましょう

初心者で仕事を取るには、部分的で小さな依頼を狙うと良いでしょう。

そこから徐々に仕事も数をこなしてさらに知識をつけていけば、ステップアップして難しい案件にも取り組めるようになります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる