プログラミングスクールで就職できないのは本当?

プログラミングスクールで就職できないという噂を聞いたことがありませんか。これからスクールに通おうと思っている人にとっては、不安になる噂でしょう。

今回は、プログラミングスクールで本当に就職することができるのかどうか、そのポイントなどを紹介していきます。

就職もできないプログラミングスクールに通うのは時間の無駄ですので、しっかりと確認してくださいね。

この記事のまとめ
  • プログラミングスクールから就職に成功している人も多い
  • プログラミングスクールはハローワークではないので、過度な期待をしてはダメ
  • 受け身な姿勢では、就職するためのスキルは身につかない
  • プログラミングスクール選びは「相性」も大事
目次

プログラミングスクールから就職に成功している人も多い

結論から言うと、プログラミングスクールだからといって就職できないという決めつけは、間違いです。

プログラミングスクールに通って就職に失敗した人もいれば、その逆に就職に成功している人もいます。

これは当然のことなのですが、失敗例だけでなく、成功例にも着目することが大切です。

マサヒロ

失敗した人と、成功した人の違いはどこにあったのかを考えましょう。

プログラミングスクールはハローワーク(職安)ではない

それでも、プログラミングスクールに通っても、就職できないという意見はかなり多いです。

しかし、ここで注意したいのが、プログラミングスクールはあくまでもプログラミングを学ぶところであって、ハローワーク(職安)ではないというものです。

人によっては、「プログラミングスクールに通いさえすれば就職が約束される」と勘違いしている人もいます。

厳しいようですが、まず、この考えを捨てましょう。

プログラミングスクールに過度な期待をするから、失敗した事例をみて、大きく落胆することになるのです。

再度言います。

「プログラミングスクールは、ハローワークではありません

プログラミングスクールで就職に失敗する理由

ここではプログラミングスクールで就職に失敗してしまう理由を紹介します。

理由はたくさんありますので、それぞれしっかりと確認しておきましょう。

そもそもプログラミングに向いていない

プログラミングスクールというのは、プログラミングに対する適正を調べる場所でもあります。そのため、自分のプログラミングとの相性は常に考えておきたいところです。

プログラミングというのは、脳の構造的に、向いている人と、向いていない人がいます。どうしても理解できないという人もいるものです。

典型的にプログラミングに不向きな人が、就職試験を受けても、不合格になってしまう可能性は高くなっています。さらに、仮に合格したとしても、その後に離職してしまう可能性は高いので、プログラミングスクールで、自分にプログラミングの適正がないとわかっただけでも、儲けものという考え方も必要になります。

早い段階で、自分の向き不向きがわかるというのは、とても良いことです。

受け身の人が多い

とりあえずプログラミングスクールに通って就職しようという人は、受け身の人が多いです。

そもそも、スクールに通って何かを身につけるという行為自体が受け身の行動なのです。

プログラミングの場合、独学という選択肢もあるので、独学で学ぼうとする意欲旺盛な人に比べると、スクールに通ってなんとかしようという考えでは、どうしても受動的になってしまいます。

そして、その受け身の態度をスクールでも続けていると、就職に失敗する可能性が高いです

まず、受け身の状態では、なかなか知識が身につかないです。

積極的に知識を獲得しようという能動的な態度でなければ、学習というものは中途半端に終わってしまうものなのです。

さらに、こういった受け身の態度は、就職試験で相手に見抜かれてしまいます。その結果、不採用になってしまうこともあります。

自分から理解する姿勢が身につかない

受け身であることと重なる部分ですが、自分から学ぶ姿勢というのは、プログラミングにおいては重要です。

なぜならば、プログラミングは、常に新しいものが出てくる世界なので、いつまで経っても学ぶことをやめられません。そのため、貪欲な学ぶ姿勢というのは、非常に重要になってきており、これがプログラミングの適正とも言えるでしょう。

しかし、プログラミングスクールは他人に教えてもらうという形態のため、どうしてもこの学ぶ姿勢を身につけられません。

独学の場合は、遠回りをすることも多いですが、その分だけ貪欲な学ぶ姿勢を身につけられます。

このような部分も就職の失敗に響く可能性がありますので、覚えておくと良いでしょう。

そもそもプログラミングスクール選びが間違っている

質の低いカリキュラムのプログラミングスクールを選んでしまうと、当然、就職できない可能性が高くなってしまいます。

なぜならば、こういったスクールでは、実践で使えないようなスキルや知識ばかりを教えるからです。ある程度実践で使えるスキルや知識を持っていなければ就職するのは難しくなってしまいます。

また、就職するためにプログラミングスクールに通うなら、就職サポートの充実度も要チェックです

プログラミングスクールはハローワークではないと書きましたが、プログラミングスクールには、卒業後の就職先を優遇してくれるようなところもあるのは確かです。

ただし、優遇できる就職先には限りがありますので、希望の職場ではなかったと断っていては、なかなか就職することができないでしょう。

理想をいえば、実践で使えるスキルが身につくカリキュラムを用意していて、卒業後の転職サポートについても優秀なスクールを選びたいところです。

プログラミングスクールとの相性が悪い

プログラミングスクールで失敗してしまう場合、相性が悪い可能性があります。

プログラミングスクールがどんなに洗練されたカリキュラムを提供していても、相性が悪ければ、思うように学べない可能性もあるでしょう。

プログラミングスクールの相性で重要なのが、費用や学習期間です。

費用が高すぎると、そもそも生活の組み立てが難しくなって、学習するモチベーションが低下してしまう可能性があります。

また、学習期間が最適でなければ、だらだらと続けてしまうことや単純に学習期間が足りないという可能性もあるでしょう。

スクールに通う時間帯も大きなポイントで、自分にとって無理のない時間を設定する必要があります

単純に口コミの評価が高いという理由だけでプログラミングスクールを選んでしまうと、こういった状況に陥りやすいです。

口コミの評価も大事なのですが、それ以前に自分との相性を考えてみましょう

このスクールに通って、しっかりと卒業までやり遂げられるかを事前にイメージしてみると良いでしょう。

良いプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールで就職に失敗してしまう人が多いとしても、まったくの初心者がプログラミングを学ぶにはとても良いサービスであることは間違いありません。

そのため、良いプログラミングスクールの選び方を把握して、なるべく失敗しないようにすることも重要です。

何を学ぶことができるか

ひとことにプログラミングといっても、いろいろな種類があります。

プログラミング業界には、トレンドの言語というものがありますので、そういった言語を調べて、今後たくさん必要とされるような言語を選ぶようにしましょう

需要のない言語を学んでしまっては、どんなにスキルが高くても、お呼びがかからない可能性があります。

いまであれば、PythonやJavaScriptは人気の言語です。

学習時間や期間は適正か

スクールを選ぶ際に、どのくらいの時間学んで、どのくらいの期間で卒業なのかは重要です。

モチベーションにも大きく関係してきますし、長い期間通うことになる場合、その分だけ費用も発生してしまいますので、経済状況によっても通える期間は異なってくるでしょう。

1日の学習時間、卒業までの期間が自分に無理のないようなものを選択すべきでしょう。

就職サポートとその実績

これも非常に重要です。

過去にどのくらいの生徒が就職に成功しているのかという実績を確認してください。さらに、どういった就職サポートがあるのかも確認しておくと良いでしょう

また、就職できるといっても、どういった企業に就職しているのかも確認したいところです。

就職率は高くても自社関連の派遣会社に就職斡旋をするだけというスクールも多くあります。

まとめ

この記事では「プログラミングスクールで就職できないのは本当?」について解説しました。

この記事のまとめ
  • プログラミングスクールから就職に成功している人も多い
  • プログラミングスクールはハローワークではないので、過度な期待をしてはダメ
  • 受け身な姿勢では、就職するためのスキルは身につかない
  • プログラミングスクール選びは「相性」も大事

プログラミングスクールに通っても就職できないと思っている方もいるとは思いますが、授業を受ける姿勢やプログラミングスクールの選び方によってしっかり就職ができます。

ぜひ後悔しないようにプログラミングスクールに通ってください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる