Javaと副業の相性は?必要なスキルの獲得方法を解説

副業をしようと思っている人の中には、Javaの習得を考えている人もいるでしょう。

Javaは難易度は高いものの、副業との相性はピッタリです。

まるまる仕事を請け負うのではなく、特定の部分のみ仕事を請け負うといった柔軟性に富んだ働き方ができるのがJavaエンジニアです。

今回は、そんなJavaを使った副業がどのようなものなのかを紹介していきます。

目次

Javaと副業は相性が良い

まずはJavaと副業の相性が良い理由について紹介していきます。

仕事のボリュームがちょうど良い

プログラミングを副業にしたい人にとって、Javaの案件はボリュームがちょうどよい事が多いです。多少の知識があれば、さっと一案件をこなしてしまうことができます。

いくら高額であっても、本業を犠牲にしなければならないほどの労力が必要な案件に、あなたは取り組めるでしょうか?

隙間時間にちょっと稼ぐという前提ならば、ボリュームの多い仕事よりも、Javaを使った小さな案件のほうがよほど取り組みやすいといえます。

既存システムの部分的な改修の依頼が多い

Javaは歴史のある技術です。

最近では他の言語にシェアを奪われている部分もありますが、Javaはとても汎用性の高い技術になりますので、現在稼働中の多くのシステムに使われています。

そのような既存システムに対して、ちょっとした改修をしてほしいといった依頼も多くあります。

新規のシステムを作るのに比べ、改修程度であれば、比較的軽い仕事内容であることが多いです。

競合相手が少ない

Javaは習得の難易度が高めです。

そのため、比較的簡単なHTMLやCSSを使ったプログラミング案件に比べ、競合相手が少ないといえます。

また、Javaは歴史のある技術であることから、最新の技術ばかりを狙って軽視される可能性もあるのです。

そのため、ある意味では隙間の技術になる可能性があります。

こういった事情を踏まえれば、Javaは決して習得しておいても損のない技術です。

マサヒロ

難しいからあえて習得する」という選択肢を取ることで、自分の居場所を見出せる可能性があります。

Javaで副業をする方法

ここではJavaを利用して副業をする方法について紹介します。

フリーランスエージェント

しっかりとした仕事をもらおうと思ったら、フリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

クラウドソーシングなどを利用すると、中には安く買いたたかれてしまうような仕事もありますが、フリーランスエージェントならその心配はありません。

また、個人で副業をする場合は、クライアント探しに苦労することになります。

フリーランスエージェントを利用すれば、個人では決して出会えないようなクライアントを紹介してもらえるという利点もありますので、なかなか良いクライアントに出会えないという人もおすすめです。

クラウドソーシング

本来、クラウドソーシングでプログラミングの副業をするのは、なかなか難しいものがあります。

しかし、Javaの場合は比較的クラウドソーシングとの相性は良いのです。なぜならば、クラウドソーシングに案件を依頼しているのは、企業ばかりではないからです。

個人事業主が仕事を依頼している可能性もあって、Javaの場合は規模の小さい仕事も多いので、個人事業主のクライアントから、そういった仕事を請け負えるようになれば、場合によってはフリーランスエージェントよりも稼げる可能性もあるでしょう。

単価自体は、フリーランスエージェントに比べると低いですが、こういった利点もありますので、うまく使い分けていきたいところです。

SNSを活用

ある程度のレベルのエンジニアになれば、SNSを活用して仕事を請け負う方法もあります。

実際に自分の知名度を高めて、SNSを使って仕事を獲得するといった、セルフプロデュース方法を導入している人もいます。

副業といえども、スキルが高ければ指名で仕事を請け負うことができます。

マサヒロ

最近ならYouTubeを使ったセルフプロデュースも良いでしょう。

実際にYouTubeで、プログラミングやJavaなどの単語で検索すると、たくさんの人が動画を出していることがわかります。

動画の説明欄に、「仕事はこちら」のような文言を書いておけば、そこから仕事を依頼してもらえる可能性もあるでしょう。

Javaを一から学ぶのは難しい

Javaは素人が独学で一から学ぶとなると結構難しい言語です

しかし、すでにある程度の知識があるのならば、副業で仕事を得るのはそれほど難しくありません

ちょっとした修正などの依頼を請け負っておけば、空いた時間を有効活用することができるでしょう。

Javaはとっかかりが難しい

Javaという言語はとっかかりが難しい言語だと言われています。

まず、初心者の場合は、どうやってJavaを学ぶのかというスタートラインに立つのが難しいです。なぜならば、初心者の場合は、漠然としたところから学ぶ必要があるからです。

もし、プログラミングスクールに通う場合や知人にプログラミングに詳しい人がいるのならば、そういった人たちから教えてもらいながら進めることができます

しかし、まったくの独学で習得するのはかなりの難易度だと言えるでしょう。

学ぶ環境は十分なものが揃っている

とはいえ、Javaは歴史のある言語です。そのため、Javaを学ぶ環境は十分なものが揃っています。

最近では無料で手に入る情報であっても、かなり洗練された情報も多くなっています。

極論をいえば、無料で手に入る情報を有効活用するだけで、十分にJavaで副業するだけの知識は手に入るでしょう。

しかし、逆に言えば情報はありすぎるとも言えます。

初心者の場合は、どの情報を使って学べば良いかの取捨選択ができません

こういった環境も、Javaを学ぶのを余計に難しくしているとも言えるでしょう。

試しに、YouTubeやnoteなどでプログラミングについて検索してみると良いでしょう。膨大な量の情報に驚くはずです。

プログラミングの学習サイトはおすすめ

これからJavaを学ぶのならば、Progateやドットインストールのようなプログラミングの学習サイトがおすすめです。

こういった学習サイトは、さまざまな機能をまとめて使えるようになっています。

完全に独学で学ぶ場合には、さまざまなツールを自分で用意する必要があります。これが予想以上の難易度で、このプログラミングで正しいのか検証するツールはどれを使えば良いのかわからないといったことが頻繁に発生します。

しかし、プログラミングの学習サイトを利用すれば、そういった心配はありません。

プログラミング学習サイトのメリット

プログラミングの学習サイトのメリットは、気軽にJavaを学べるという点にあるでしょう。

自分のペースで学ぶことができますし、有料ツールだけでなく、無料ツールも用意されています。

また、Javaを習得するのにこれだけは絶対に必要という要点を教えてくれますので、スムーズに学べる可能性があります。

実際のプログラマーに意見をもらいながら学ぶ学習には勝てませんが、独学よりはずっと学びやすい環境が整っていると言えるでしょう。

まとめ

Javaは独学で学ぶのは難しいですが、プログラミングの学習サイトなどを使って勉強してみるのはいかがでしょうか。

Javaを使って副業を始めて、ぜひ稼いでみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる