フリーランスのライターになる手順は?どんな仕事がある?

文章を書くのが好きで、これから本格的にフリーランスとしてライターになりたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

フリーランスのライターとして成功するには、どのような文章を執筆したいのかを考え、安定して仕事がもらえるようにするのがコツです。

この記事では、フリーランスのライターになるにはどうすれば良いかを紹介していきます

目次

フリーランスライターはどんな仕事をする?

フリーランスのライターというと、なんとなく文章を書くというのはわかっていて、主にインターネットのサイトで使用するものを執筆するイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

インターネットで主に活躍するWebライターのほかにも、会社か個人などを取材してそれらを記事にする取材ライターや書籍の原稿を執筆するようなブックライターも当てはまります。

ほかにも、商品の購入を促す広告のキャッチコピーなどを考えるコピーライターなども、フリーランスライターの一部です。

マサヒロ

自分は主にどんな風に活躍していきたいのかを考えて、活動を始めると良いでしょう。

フリーランスになる前に講座を受けるのもおすすめ

フリーランスのライターになるために資格は必要ありません

何も習うことなく、そのままフリーランスとしてライターになれます。

しかし、仕事を探すうえで募集の内容などにSEOの知識がある方やこれまでに執筆の経験がある方と書かれている場合も多く、働ける仕事の範囲が狭まります。

せっかく意気込んでフリーで活躍しようと思っても、なかなか安定した収入にならない可能性も高いのです。

今は探してみると養成スクールや講座なども豊富にありますので、まずは一度、ライティングについて習ってみると良いでしょう。

マサヒロ

スクールによっては講座が終了した後に、仕事の案件を紹介してくれるような場合もありますよ。

副業から始めるのもオススメ

意外に思うかもしれませんが、実はフリーランスでやろうと思っていることは、副業でやったほうが成功しやすい可能性があります

というのも、本業でフリーランスをする場合、すべての時間をフリーランスに利用することができます。

そのため、時間配分に無駄が出てしまう可能性があって、いきなり本業でフリーランスをすると効率的に稼げる術を見つけるのに時間がかかってしまう可能性があるのです。

しかし、副業で取り組む場合には、限られた時間を最大限に活用しなければ成功は難しくなっています

だからこそ、どうやれば成功できるかの最短ルートを嗅ぎわける可能性が高くなってくるのです。

このように、あえて副業で取り組むことによって、フリーランス成功への近道になる可能性がありますので覚えておいてください。

その意味でも、副業でフリーランスライターを体験するというのはおすすめです。

仕事の探し方から報酬を得るまで

会社に通うのではなく自宅などで稼ぐとなると、求人情報誌よりも「クラウドソーシング」がおすすめです。

基本的には業務委託などで働く人を募集していますので、フリーランスで稼げる募集が多々あります。

具体的には、クラウドワークスやココナラなどある程度大きいクラウドソーシングサイトで探すと、仕事を見つかりやすいです。

クラウドソーシングの中で仕事をこなし、実績を作っていくと、クライアントからも「この人は信頼できる」と思ってもらえるようになり、継続して仕事をもらえるようになってきます

マサヒロ

実績や場数を多く踏み学んでいくと、フリーとしても安定して稼げるようになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フリーランスとしてライターになりたいときには、すぐに20万円や30万円稼ぐのは難しいため、まずは勉強をして少しずつクラウドソーシングで仕事を受注して慣れていきましょう

副業として、空き時間にライターの仕事を試してみるのもおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる