フリーランスエンジニアになって後悔しない!やっておきたい5つのこと

フリーランス人口が増えてきた昨今、フリーランスエンジニアを目指している人も少なくないでしょう。

しかし、何も考えずにフリーランスになってしまうと、後悔してしまうこともありますので十分な注意が必要です。

今回は、そんなフリーランスエンジニアになって後悔しないためのポイントを紹介しますので、今まさに会社を辞めようとしている人はぜひ確認してみてください。

目次

1. 安定した仕事を得られるクライアントを開拓する

フリーランスエンジニアになる際に、スキルがある程度あれば、なんとかなると思っている人は意外に多いです。

しかし、エンジニアとしてのスキルと仕事を獲得できるかはまったく別問題になります。

マサヒロ

会社組織で考えればわかることで、エンジニアと営業マンは仕事が違いますよね。

会社の場合は、それぞれ専門家が対応しますが、フリーランスとして独立したタイミングから、すべてを自分でしなければなりません。

自分がどういった仕事ができるのかを自分で売り込む、つまり営業をしなければならないのです。

実際に、高いスキルを持っているエンジニアがフリーランスになって、仕事を得られずにつまずいてしまうことが多くあります

そのため、フリーランスになる前に最低限にやっておきたいのは、仕事の獲得方法を模索しておくことでしょう。

また、安定した仕事を得られるようなクライアントを開拓しておければより良いです。

極端な話をすれば、安定して仕事を得られれば、スキルが多少低くとも、実践の中でスキルを磨きながらエンジニアを続けられます

2.フリーランスのエンジニアが仕事を得る方法を知っておく

ここではフリーランスエンジニアになって後悔しないために、フリーランスが仕事を得る方法を紹介します。

上でも書いたように、スキルが未熟であっても仕事を請け負える環境さえあれば、フリーランス生活が破綻することはありません。

そのため、これこそが一番重要なポイントだとも言えるでしょう。

クラウドソーシング

ある程度スキルがあるのならば、クラウドソーシングが手っ取り早いです。

最近はクラウドソーシングサービスがたくさんありますので、そういったサービスに登録して、さまざまな案件に応募していくと良いでしょう。

クラウドソーシングで得られる仕事は小さな雑用のようなものが多くありますが、クラウドソーシングがきかっけになって、大きなプロジェクトに参加できるようなこともありますので馬鹿にはできません。

ただし注意したいのは、まったく経験値がない状態からクラウドソーシングで仕事を得るのは難しいという点です。

自分で営業する

これは昔ながらの方法で、自分で営業するというものです。

エンジニアの仕事をくれそうな企業に対して自分を売り込むという方法です。

当然、なんの看板もないような人に仕事をくれるほど甘い世界ではありませんので、最初は失敗の連続でしょう。

マサヒロ

しかし、中にはそういった意欲旺盛な人に対して仕事をくれる企業があるかもしれません。

大企業よりは、ベンチャー企業などのほうがそういった精神に理解があるので、そういった企業をピンポイントに狙ってみるのも良いかもしれません。

ただし、なんの実績もない状態で自分を売り込んでも、なかなか相手の心に刺さらないものです。

逆に、ある程度実績があるのならば、その実績をアピールすれば意外にすんなりと仕事をもらえるかもしれません。

友人・知人に仕事をもらう

フリーランスになった場合、独自の人脈は非常に重要になってきます。

過去に企業勤めのエンジニアをしていたのならば、取引先や同僚にそういった仕事をくれる人たちがいませんか?

マサヒロ

知人経由の仕事が大きく花開くこともあるので、積極的にアプローチしてみると良いでしょう。

まったく見ず知らずのところに飛び込み営業をするのは度胸がいります。

まずは友人知人を頼りにしてみることから始めるのが良いでしょう。

3.仕事の相場観を養っておく

フリーランスエンジニアを目指すのならば、仕事の相場観を養っておく必要があります

クラウドソーシングなどで仕事を得る場合に、クライアントは仕事の相場観を持っていないことも多いです。

そのため、企業を相手にする場合では考えられないような安値で仕事を依頼してくることもあります。

もし自分自身にそういった相場観があれば、この仕事はこうだから、このくらいの費用は当たり前という説明をクライアントにすることができます。

しかし、仕事の相場観を知らなければ、クライアントの言うままに安値で仕事を請け負ってしまう可能性があるのです。

仕事をしているのに、いっこうに利益が上がらないといった状況にもなりかねませんので、この仕事ならこのくらいの値段という相場観はしっかりと把握しておきましょう

4.デメリットもしっかりと確認する

フリーランスエンジニアになる人は、ポジティブな意見しか考えていないことが多いです。

フリーランスとしてエンジニアをするメリットばかりに気を取られてしまいます。

それは当然で、これから新しいことを始めるのですから、希望に胸を躍らせるのは当たり前です。

しかし、メリットばかり見ていては高い確率でつまずいてしまいますので、デメリットのほうもしっかりと確認しましょう

フリーランスとしてエンジニアをするメリットには、頑張り次第では収入をたくさん得られるということがあるでしょう。

しかし、サラリーマン時代とは比べものにならないくらいに仕事を得るのが難しいです。

仕事を得ることができなければ、サラリーマン時代よりも給料が下がってしまうこともあります。

ほかにも、働く時間を自由に決められるというメリットもあるでしょう。

確かにフリーランスにとっては大きなメリットになってきますが、自由に時間を決められるからこそ、プライベートと仕事の両立が非常に難しいという点もデメリットになってしまうのです。

5.資金繰りの準備をする

最後にフリーランスエンジニアになる前に、必要なお金まわりの知識を確認しておきましょう。

クレジットカードは作っておく

今の時代クレジットカードがないととても不便です。

しかし、フリーランスエンジニアになってからクレジットカードを作ろうとしても、作りにくくなってしまいます

フリーターでも大丈夫なクレジットカードもありますが、選択肢は一気に狭まると言えるでしょう。

マサヒロ

フリーランスになると収入がしっかりあっても、クレジットカードの審査はホントに通りづらいです。

支払う必要がある税金についての知識を得る

フリーランスになって大変なのが確定申告です。

これまで会社に任せきりという人も多いはずで、そういった人が自分で確定申告をするのはとても大変になってきます。

特に重要なのが、フリーランスになってどういった税金を支払わなければならないのかを把握することです。

逆に、経費として落とせるものもたくさんありますので、そういったものを網羅しておくのも重要になってくるでしょう。

マサヒロ

クラウド型会計ソフト マネーフォワード クラウド会計」を導入すると、確定申告は超簡単になるので、絶対導入しましょう。

フリーランスの税金について詳しく知りたい方は、こちら↓の書籍がおすすめです。

貯金をしておく

フリーランスエンジニアになると、仕事がある時とない時があります。

仕事がある時にしっかりと貯金をしておかなければ、生活苦に陥ってしまう可能性もあります

また、フリーランスになる前に、当面の生活が安定するような貯金を貯めておきましょう

マサヒロ

貯金がなければ、非常にリスキーな生活をすることになり、これがきっかけで後悔する人は多いです。

金欠になってくると、さまざまな意味でモチベーションの維持が難しくなってきますので、しっかりとエンジニアとしてのスキルアップをするためにも、安定した生活というのは重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フリーランスエンジニアとしてやっていく前に、まずはフリーランスのメリットやデメリットをしっかりと把握しておくことが重要です。

フリーランスになってから後悔しないように、しっかりと下調べをして準備しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる