失敗談から学ぶプログラミングスクールの選び方|失敗しやすいスクールの特徴は?

今回はプログラミングスクールの失敗談を通じて、どういったプログラミングスクールを選ぶべきなのか、選んではいけないのかについて確認していきます。

これからスクールに通おうと思っている人にとっては重要なポイントになってきますので、これを参考に自分が選ぶべきスクールを見つけてみてください。

マサヒロ

しっかりと失敗談から学ぶことが重要です。

目次

失敗談からわかるプログラミングスクールのデメリット

プログラミングスクールが無駄だと感じてしまうのにはいろいろな理由があります。

この理由は失敗談を把握することによって、ある程度解決する問題なので、失敗談を確認しておきましょう。

プログラミングスクールの質が低いことがある

プログラミングスクールといっても、いろいろな種類があります。

もちろん、質の高いスクールもあれば、質の低いスクールもあるでしょう。

そして、質の低いスクールに通ってしまった場合には、満足にプログラミング技術を習得できない可能性があります

これからプログラミングスクールに通うのならば、質の高いスクールなのかどうなのか、口コミなどを利用して十分に確認しましょう。

マサヒロ

当サイトでも、おすすめのプログラミングスクールを紹介しています。

質の低いスクールに通っているのでは、プログラミングスクール通いは無駄になります。

プログラミングスクール選びは、慎重に見当を重ねるべきです。

スクールに通うことが目的になりがち

プログラミングスクールに通っている人に陥りがちな問題点が、スクールに頼りっきりになってしまうというものです

こういう人は、スクールでプログラミングを習得することではなく、スクールに通うことが目的になってしまいます。

この場合も、スクールが意味のないものになってしまう可能性があるでしょう。

プログラミングの習得は、スクールの勉強だけでは足りないことも多く、だからこそ学んだことを復習することが重要になってきます

スクールでの授業の後には、必ず復習の時間を設けるなどの工夫をすれば、プログラミングスクールが意味のあるものになるでしょう。

復習が十分でないと、理解度の低い状態で次の項目にいってしまいますので、余計に理解度が低くなってしまう可能性があります。

また、学ぶ際にスクールに任せきりになってしまうといった受動的な態度の場合は、脳が学ぶということに対してネガティブな状態になってしまうことがあるのです。

こうなると、せっかく学習してもそれが身につきにくい状態になってしまいますので、積極的に学ぶ姿勢を忘れないことも重要です。

失敗しやすいプログラミングスクールの特徴

プログラミングスクールの失敗談を確認していると、そういった人たちが通っていたスクールには共通の項目が確認できることがわかります。

一つずつ確認していきましょう。

値段が安い

プログラミングスクールに必要な費用は決して安いものではありません。

そんな中でついつい値段が安いスクールを選んでしまいがちですが、プログラミングスクールの値段には注意が必要です。

一般的に、質の高い教育をしようと思えば思うほど値段は高くなってくるものです。

マサヒロ

質の高い講師を呼び込むのにはお金がかかりますし、ある程度のボリュームも必要になってきます。

逆に、値段の安いプログラミングスクールは、プログラミングを学ぶのには時間が足りない場合や質の低い講師やカリキュラムしか用意していない可能性もあります。

それなりの授業をしようと思ったら、それなりの費用が必要になってきますので、この点をしっかりと踏まえておくのは重要です。

宣伝文句が「未経験でもすぐに稼げる」

プログラミングスクールはさまざまな方法で宣伝をしています。

その中の宣伝文句に、「未経験でもすぐに稼げる」というものがあったら注意が必要です。

プログラミングの場合は、未経験ではすぐには稼げません。

しっかりと稼げるようになるまでにはそれなりのスキルが必要になってきますので、時間をかけて学ぶ必要があります

最近はクラウドソーシングなどが流行っていますので、クラウドソーシングを使えばすぐに稼げるようになると謳っているプログラミングスクールもあります。

しかし、クラウドソーシングこそ経験者でなければ稼げないと言えるでしょう。

なぜなら、そもそも実践経験がなければ、仕事をもらうのが難しいからです。

こうした甘い言葉に誘われてしまうと、質の低いプログラミングスクールを選んでしまい、あなたも失敗してしまう可能性があるのです。

口コミに悪評価が多い

質の低いプログラミングスクールは、必ずといっていいほど口コミに悪い評価が掲載されています。

どんなに良いサービスであっても、悪い口コミがつけられる可能性はありますが、その数があまりにも多い時には疑う必要があるでしょう。

また、良い口コミはあるものの、口コミに熱意を感じない場合には、さくらを利用して口コミを投稿している可能性もありますので注意してください。

これからプログラミングスクールを選ぶのならば、必ずこういった口コミは確認しておく必要があるでしょう。

マサヒロ

当サイトでも、プログラミングスクールの口コミを集めていますので、参考にしてください。

プログラミングスクールの選び方

今度はプログラミングスクールの失敗談から、成功するためのプログラミングスクールの選び方を把握しておきましょう。

大手は安心

プログラミングスクールを選ぶのならば大手が安心です

大手は安定したカリキュラムを提供していますし、講師陣についても質の高い人たちを採用していることが多いです。

値段はそれなりになりますが、実践で使えるようなスキルを身につけるためには必要経費だと割り切るしかないでしょう。

逆に、プログラミングスクールで失敗してしまう人というのは、名前があまり知られていない安いスクールに通っていることが多いです。

オンライン学習もおすすめ

プログラミングスクールを選ぶのならば、自分が通いやすいスタイルのサービスを厳選する必要があります

近くにスクールがあるのならば通学でも問題ありませんが、地方に住んでいるような場合には、そういったスクールが近くにない可能性もあります。

マサヒロ

その場合はオンライン完結型のプログラミングスクールがおすすめです。

しかし、人によってはオンラインだと怠けてしまうという人もいますので、自分にあったスタイルの学習方法を選びましょう。

自分に合った学習時間を選ぶ

プログラミングスクールで失敗してしまう人には、自分に合っていない学習時間を選択してしまっている人もいます。

基本的には、短い期間でプログラミングを身につけようとすればするほど、1日の学習時間は長くなってしまいます。

逆に、ある程度余裕を持って長期間でプログラミングを学ぶつもりならば、1日あたりの時間は少なくなるのです。

人によっては、長時間学習するのが苦手という人もいますので、こういった人は時間をたっぷり取ってゆっくりと少しずつ学んでいくと良いでしょう。

一方、仕事の都合などによって、短時間で学ばなければならないなら、1日にたっぷりと学習できるタイプのスクールを選ぶと良いでしょう。

学習時間は自分のタイプや目的に応じてしっかりと選ぶようにしてください。

就職実績にも注目

プログラミングスクールの中には、転職を支援してくれるようなサービスもあります

プログラミングスクールで学んだからといって、すぐに実践できるかと言われれば、そうではありません。

プログラミングの基礎を学んだうえで、ある程度実践経験を積まなければ、実際に稼げるプログラマーにはなれないでしょう。

そういった意味で転職支援をしてくれるかどうかは大きなポイントになります。

スクール通いが終わった後にすぐに放り出されるようなサービスに比べると、雲泥の差になりますので、スクールのサポート力もしっかりと比較しておくと良いでしょう。

まとめ

プログラミングスクールに通っている方の中には、失敗談を持っている方も多くいらっしゃいます。

これからプログラミングスクールに通おうと思っている方は、ぜひ失敗談を確認して、選び方を間違えないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる