プログラミングの副業を未経験で始めるのは無理!まずは○○から始めよう

これから副業でプログラミングを始めようと思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、未経験から副業として始めるのは難しく、さまざまな壁があります。

今回は、未経験ながら副業でプログラミングを始める難しさや始める際のポイントなどを紹介していきます。

目次

プログラミング技術の習得が難しい

未経験の人がプログラミングを習得する場合に難しいのは、その技術を習得することです。

しっかりとしたカリキュラムで学ぶことができれば、多くの人が身につけることができますが、独学で学ぶ場合にはそうはいきません。

まず、とっかかりが一番難しいと言えるでしょう。

新しい物事を学ぶ場合には、どこから学ぶかが非常に重要になっていて、これまでに多くの人が利用したカリキュラムならば、そういった問題について考える必要がありません。

独学の場合は何もないゼロからとっかかりを見つけなければならないので、これが未経験の人が独学で学ぶことの難しさだと言えるでしょう。

それでもまずは独学から入りたい方向けに、以下の記事でプログラミングの独学法を解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

パソコンに問題が発生してもわからない

プログラミングを学ぶ際には、プログラミング技術自体の難しさもありますが、パソコンの問題を解決する難しさもあります。

プログラミングを学ぶうえで、環境は重要であり、環境によっては正しいプログラミングであっても、まともに動作しないこともあるのです。

知識のある人ならば、そのプログラムが動作する環境を整えることができますが、これからプログラミングを始めるという人では難しいでしょう。

マサヒロ

身近にパソコンに詳しい友人がいると、だいぶ楽になりますよ。

独学で学べるプログラミングの技術はたかが知れている

独学でプログラミングを学ぶ場合に注意したいのが、このようにして習得したプログラミング技術はたかが知れているというものです。

プログラミング業界は日々進化していて、どんどん新しい知識を求められます

第一線で働いていれば、そういった技術に触れる機会も多いでしょう。

しかし、独学ではそういった新しい技術に触れることは難しいです

マサヒロ

オープンソースのプログラムを読んだりとかすればイケるときもありますが、そのレベルに達するのは困難です。

その結果、せっかく苦労してプログラミングを学んだのに、実際に働いてみると、実践では使えない技術だったということが普通にあり得ます

また、独学で学んだプログラミングは応用力に欠けることが多く、知識自体は頭に入っていても、それを現場で使えるようになるまでに苦労する可能性も高いでしょう。

客観的な視点が欠ける

副業のために独学でプログラミングを学ぶとすると、客観的な視点が欠けていることがあります。

これは、自分のプログラミングについて、第三者の意見を得られないというものであって、これはある意味では致命的と言えるかもしれません。

プログラムは一人で作るものではありません。

自分で書いたコードは、他人にも読みやすいものである必要があります

間違った部分があっても他人に指摘してもらえませんし、わかっている人に注意してもらえばすぐに理解できる部分であったのにもかかわらずに、独学なのでそこに気づけず時間を浪費してしまうことも考えられるでしょう。

また、仲間がいないことによるモチベーションの低下も大きなポイントになってきます

マサヒロ

企業に入ってプログラミングを学ぶ場合には、周囲に仲間がいますので、学ぶために意欲も維持しやすくなっています。

クライアントから見る難しさ

プログラミングで副業をする場合は、クライアントという観点からの難しさも考える必要があるでしょう。

実績が求められる

最近はクラウドソーシングなどを利用して、手軽にプログラミングの仕事を請け負うことができます。

しかし、そこではプロのエンジニアと同様の品質を求められるのです。

そして、クライアントがプログラマーを選ぶ際に重要視するのが実績です。

未経験の副業の場合は、最初に仕事を請け負うのが非常に高いハードルになります

過去にプログラマーをやっていて、そういった人が副業でプログラミングをするのならば、問題なく仕事を受けられる可能性は高いでしょう。

しかし、未経験に仕事をくれるほど、甘いクライアントはなかなかいません

実績を積もうにも積めない

未経験ではクライアントから仕事を請け負うのが大変だとわかってもらえたでしょうか?

ある程度実績を重ねるまでは、スタートする前から差をつけられているようなものなので、実績を積むまでが大変でしょう。

しかし、その実績を積むのが副業では難しいのです。

企業に雇われてプログラミングをしているのならば、たとえ未経験であっても、実績を積み上げることができるでしょう。

しかし、副業の場合はそうはいかず、いくら教科書でプログラミングを学んだからといって、教科書と実践ではまったく勝手が違います

未経験でプログラミングの副業を始めるのならば、この実績を積む難しさを覚悟しておくと良いでしょう。

未経験で副業のプログラミングをスタートするには

未経験でプログラミングの副業をする難しさをわかったら、今度は実際にスタートするにはどういった方法が良いのかを確認していきましょう。

クラウドソーシングは難しい

最近はプログラミングの副業をするならクラウドソーシングがおすすめと言われることもあります。

しかし、未経験の状態では、まず仕事を得ることができないでしょう

クラウドソーシングは、すでにプログラミングのスキルを持っているような人が活躍する場だと割り切る必要があります

プログラミングのアルバイトがおすすめ

あくまでも副業にこだわるのならば、プログラミングのアルバイトがおすすめです。

スキルがまったくない状態の未経験からアルバイトを探しているような企業もあって、そういった仕事をすることができれば、実績を積み重ねることができます。

注意点として、求人によっては、プログラミングだけではなく雑用をやらされることもありますので、アルバイト先はよく選ぶ必要があるでしょう。

とはいえ、プログラミングをまったくの未経験から始めるということは、企業にとっては足手まといでしかありません。

そのため、ある程度雑用のような仕事をやらされるのには耐えなければなりません

こうした雑用が嫌で、プログラミングを学ぶ前に辞めてしまう人もいますので、この点は注意したいところでしょう。

毎日の予習・復習も必須

副業のためにプログラミングのアルバイトをするなら、予習・復習も必須になってきます。

まだまだプログラミングのスキルがない人を遊ばせてくれるほど会社は甘くありませんので、少しでも早く実践することができるように、日々学んだことを復習することやこれから学ぶことを予習することも重要になってくるでしょう。

まったくゼロからアルバイトを始めるメリット

プログラミングのアルバイトを未経験から始める場合、デメリットばかりが目立つかもしれません。

しかし、メリットももちろんあります。

しっかりと、プログラミング技術を教えてくれるような企業であれば、余計な知識がない状態から吸収することができますので、かえって技術を獲得するのが早い可能性もあります。

マサヒロ

独学で余計な知識を学ぶと、習得に苦労する可能性もありますので、これはアドバンテージだと言えるでしょう。

また、すでにある程度動いているコードを修正することは、最高の勉強になります

そういった意味でも、すぐに実践ができるアルバイトはオススメなんです。

まとめ

未経験者がプログラミングで副業をするのは、いろいろ難しい理由があることがわかったのではないでしょうか。

そもそもプログラミングの習得が難しいという点もありますし、未経験の人物に仕事を与えるクライアントが少ないという点も重要です。

プログラミングの副業がおすすめとしている人には、クラウドソーシングが前提となっています。

しかし、未経験ではそもそも仕事を請け負うことができず稼ぐどころではないのです。

こういった事情についてもしっかりと踏まえたうえで、その難易度をしっかりと認識しておく必要があります。

もし、本気で副業でプログラミングをして稼ごうと思っているのならば、一刻も早くアルバイトなどを利用して、生のプログラミングを体験するべきなのです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる